全身脱毛施術で脱毛効果を感じることが出来る回数は、部位や全身脱毛施術を依頼する所によって異なります。

一般的には、1回から6回程度の施術回数では、一部のむだ毛が薄くなるという事を実感することが出来る程度ということが多いようです。

ムダ毛の濃い部分・薄い部分で脱毛の効き目に違いが

ただし、むだ毛が濃い部位については、それほど効果を感じることが出来ない場合もあります。一定の効果を感じることは出来ても、まだむだ毛が生えてくるという状態と思ったほうが良いでしょう。

そして、6回から10回、施術を受けた後では、むだ毛が薄い部位であれば、自己処理を行う必要がないほど薄くなりますし、濃い部位でもそれほどむだ毛は気にならなくなるでしょう。

むだ毛がそれほど濃くはないという人であれば、このへんで施術をやめても良いかもしれません。全身脱毛施術では、施術を行うところによって施術部位に違いがある可能性がありますので、確認することが大切になります。

初めにどの程度まで脱毛をするのか目標を立てておくと良い

施術回数が10回以上となると、自己処理はほぼ必要なくなり、気が付いた時に少し生えてくるという程度であることが多いようです。

生えてくる本数は非常に少ないため、その時にだけ自己処理をしてもかまわないと感じている人も少なくはないようです。

回数無制限で施術を受ける事が出来る場合であれば、気になった時にすぐに施術を受けることが出来ますので、全身脱毛施術を受けるという時には、自身がどの程度までの脱毛を目指しているのかを確認することをおすすめします。

全身脱毛を大阪で受けたいという方は、当サイトにてサロンをランク付けしているので見てみてくださいね。

費用や評判を徹底解剖!最新マシンのある大阪のサロンはココ

脱毛は日焼けをしていると出来ない場合がある

サロンや医療機関で行われている脱毛は、光・レーザー・ニードルを利用した方法が一般的です。

光とレーザーは肌に直接照射する事によって毛母細胞を破壊してムダ毛を処理する方法となっていますが、これは、黒や濃い色に反応する光やレーザーを照射して行っています。

その為、日焼けをしていて通常より肌が黒い状態になっていると、その部分も影響を受けてしまう事になり、肌トラブルの発生する原因となってしまいます。

日焼け後の肌はとてもデリケート

したがって、サロンや医療機関で光やレーザーを利用して脱毛を行う場合は、その期間中は日焼けをしないように心掛ける指導がされる程です。

もし肌が焼けてしまった場合はその状態では施術を受ける事が出来ない為、出来れば1ヶ月から2か月程度は空けてから施術を受けるようにします。

また施術後も肌がとてもデリケートになっているので、日焼けをしては行けない状態です。肌がより乾燥してしまったり時には赤みや炎症、やけどの様な状態になってしまう事も有るからです。

ニードル脱毛であれば施術は可能です

したがって、施術後は出来るだけ肌を焼かないように注意して生活します。

ただニードルを利用した方法は黒い色等に反応するわけではなく、毛穴一つ一つを処理する事になっています。その為、肌の色亞どうなっているかと言う事は基本的に関係なく施術を受ける事が可能です。

また現在では施設によっては日焼け後でも脱毛できる方法を採用している所があるので、100%脱毛できないという訳ではありません。